バルトレックスはヘルペスに効果的!

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬です。
ヘルペスウイルスが原因の単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそう、性器ヘルペスなどの治療に効果的なお薬です。
バルトレックスは服用開始が早いほど、より高い効果を発揮します。
治療薬には飲み薬だけでなく、塗り薬や点滴などもあり、症状によって使い分けられています。
帯状疱疹や水ぼうそう、性器ヘルペスの場合は飲み薬、口唇ヘルペスには塗り薬、ヘルペス脳炎などには点滴によって投与されます。
飲み薬の服用量は症状によって異なります。
成人の場合、単純疱疹なら1回500mgを1日2回、帯状疱疹や水ぼうそうなら1回1000mgを1日3回、性器ヘルペスなら1回500mgを1日1回、水やぬるま湯と一緒に服用します。
バルトレックスは副作用が起こりにくいお薬ですが、体質によって発疹や頭痛、下痢、吐き気などの症状が出ることがあります。
眠気やめまい、ふらつきが起こることもあるので、服用後の車の運転には注意が必要です。
また飲みすぎると意識障害や精神障害を起こしやすくなるので、自己判断での薬の増量は絶対にしてはいけません。
腎機能障害の方や高齢の方、妊娠をしている方は副作用を防ぎ、安全に使用するためにも事前に医師に相談をすることが大切です。
めったにありませんが、急性腎不全や血尿、アナフィラキシー様症状、皮下出血、間質性肺炎などの重い副作用が出てしまうこともあります。
服用中に少しでも体調に異変を感じた場合は速やかに医師の診察を受けることが大切です。
また痛風の薬であるプロベネシドや胃腸薬のシメチジン、喘息の薬のテオフィリンなどと併用すると副作用が起こりやすくなるので、薬の飲み合わせにも注意が必要です。

■様々な種類があります
ヘルペスに効く薬の紹介です